「誤読」の哲学: ドゥルーズ、フーコーから中世哲学へ

Front Cover
青土社, Dec 13, 2013 - 329 pages
ドゥルーズやフーコーによる中世・近世の大胆な「誤読」。そこから浮かび上がる“オブジェクト”の謎とその「誤読」の歴史。現代から、デカルトやライプニッツ、スコラ哲学へと源流に向かって遡り、哲学の根本問題の知られざる系譜を描き出す超高密度の思考!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information