ランダムウォークとくりこみ群: 確率論から数理物理学へ

Front Cover
共立出版, 2004 - 352 pages
0 Reviews
本書では、path上の確率測度あるいは確率連鎖の紹介から始めて、その題材の中でくりこみ群を初等的に説明することを主目的としている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information