再軍備とナショナリズム: 戦後日本の防衛観

Front Cover
講談社, 2005 - Japan - 283 pages
朝鮮戦争の勃発によりアメリカの対日政策は転換し、日本は警察予備隊を創設、再軍備への道を歩きだす。そこには出発点から、その後の防衛論議を大きく歪める数々の要因を孕んでいた。吉田内閣、芦田均や鳩山一郎ら自由主義者、西尾末廣ら社会党右派はこの防衛問題をどう捉え、いかに対処したのか。戦後政治上最大の論点を原点まで遡り精緻に検証する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information