死ぬまでに行きたい海

Front Cover
スイッチ・パブリッシング, 2020 - 189 pages
焚火の思い出、猫の行方、不遇な駅、魅かれる山、夏の終わり―。“鬼”がつくほどの出不精を自認する著者が、それでも気になるあれこれに誘われて、気の向くままに出かけて綴った22篇。行く先々で出会う風景と脳裏をよぎる記憶があざやかに交錯する、新しくてどこか懐かしい見聞録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information