変わる社会、変わる人びと: 20世紀のなかの戦後日本

Front Cover
安田常雄, 大串潤児, 高岡裕之, 西野肇, 原山浩介
岩波書店, 2012 - Japan - 244 pages
戦後日本社会とは何だったのか―社会の枠組みを根底で規定した高度経済成長を世界史的同時性のなかに位置づけるとともに、政治的・経済的支配システム、人口動態、地域開発、企業社会、競争と貧困などのさまざまな切り口を通して、戦後日本社会の構造的特質とそこに生きた人びとの姿を描き出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information