新しい公共を担う人びと

Front Cover
岩波書店, 2010 - Civil service - 192 pages
「新しい公共」とは何だろうか。それは、公共の志をもって自発的に活動する人びとの連携した取り組みであり、人口減少・高齢社会において安定感ある地域社会を構築する鍵である。各地で盛んになっている様々な取り組みは、市場経済の機能を行政と共に補完する役割を担っている。この本では各地における事例を取りあげて分析し、「新しい公共」の将来像を示す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information