お父さんは認知症: 父と娘の事件簿

Front Cover
中央公論新社, 2020 - 189 pages
父が認知症になった!それなのに運転免許を絶対に手放そうとしない父。もうちょっとで火事を出しそうになったり、病院で大暴れをしたり。気付くと部屋は血の海で、その中、驚愕の姿で佇む父...。「これはもう、事件簿としか言いようがない!」バブル期にOL生活を送り、自由を謳歌してきた著者が、独りで認知症の父と向き合うことに。人が変わってしまった父と娘の毎日をコミカルにつづった介護奮闘記。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information