民事訴訟法学の展開

Front Cover
有斐閣, 2000 - Burden of proof - 315 pages
本書は3部から成り、第一編には、判決効論について最近発表したものと、近時問題となった、株主代表訴訟における会社の訴訟上の扱いを論じたものを収録。第二編は、証拠法に関するものを収録。医療事故、不当労働行為事件などをとり上げた。第三編に収録したものは、著者が東京大学法学部在任時代に、個別の事件のために書いた意見書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information