ヘーゲル講義録研究

Front Cover
オットー ペゲラー
法政大学出版局, Nov 25, 2015 - 279 pages
「ドイツ観念論の偉大な体系的哲学者」ヘーゲルは、生前には五つの作品しか出版せず、その他の膨大な著作群の多くは弟子や聴講者たちによる講義録であった。1991年に編集された本書は、従来恣意的に校訂されてきたヘーゲル講義録著作の生成過程を見直し、その再編集を迫った論集であり、現在刊行中の全集の基礎であるとともに、今後の研究の土台をなす不可欠の資料である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information