歌の話・歌の円寂する時他一篇

Front Cover
岩波書店, 2009 - Japanese poetry - 215 pages
歌人の感性と学者の分析、釈迢空の名を持つ折口信夫(一八八七‐一九五三)のふたつの眼はともに鋭い。歌の歴史と味わい方を若い読者に語る「歌の話」、歌の宿命と未来を問う短歌滅亡論「歌の円寂する時」。女歌の力を汲み上げる「女流短歌史」を併録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information