名もなき中世人の日常: 娯楽と刑罰のはざまで

Front Cover
八坂書房, 2005 - 296 pages
中世後期の祝祭、賭博場、娼家、刑場などに、「名もなき人びと」の足跡をたどり、厳しい時代をしたたかに生きぬいた、その姿を活写する、新しい日常史の試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information