環境報告書の理論と実際: 環境情報開示をどう進めるか

Front Cover
国部克彦, 冨増和彦, 資源リサイクルシステムセンター
省エネルギーセンター, 2000 - 222 pages
環境報告書に関するまとまった書物は、最近増加傾向にあるとはいえ、まだまだ十分ではない。特に、環境報告書の現状を的確にとらえて、問題を抽出し、その解決方向を検討している書物はたいへん少ない。しかし、環境報告書が企業報告書として発展しつつある今日において、ニーズはますます高くなるであろう。本書は、このような問題意識のもとで、環境報告書の理論と実務をできるかぎり総合的にとらえて、その課題を抽出し、将来を展望することを目的として編まれたものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information