組織と戦略の時代: 1914~1937

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2010 - Industrial management - 326 pages
第一次世界大戦期の好況、戦後ブームから一転、1920年の反動恐慌以降、長い不況を経て31年の金輸出再禁止にともなう回復期にいたる過程を、経営者たちはいかなる「戦略」をもって乗り越えたのか。本書は、慢性的不況期として捉えられるこの時期における、組織と人材を基礎にした新たな経営戦略の展開とともに「近代的大企業体制」の形成過程を検討する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information