細胞とはなんだろう: 「生命が宿る最小単位」のからくり

Front Cover
講談社, 2020 - 254 pages
巨大生物も微生物も、単細胞生物も多細胞生物も、あらゆる生物は細胞からできている。脂質の膜で覆われたその内部では、いったい何が起きているのか?DNAを格納し、増殖の場となる。タンパク質をつくり出し、生命現象の舞台となる。そして、ウイルスが感染し、病気を生じさせる現場にも...。5つの主要パーツのしくみとはたらきを徹底的に掘り下げながら、生物に最も近い存在=ウイルスの視点も交えて語る新たな生命像。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information