ミュージアム・エデュケーション: 感性と知性を拓く想起空間

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2012 - 300 pages
モノに出遭い、世界へ向かう。近代ミュージアムの設立の経緯と理念を丹念に分析し、陶冶論的考察に基づく「ミュージアムと教育」の未来予想図を、鮮やかに描き出す。原点回帰への提言。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information