暮れなずむ女

Front Cover
水声社, 2007 - 285 pages
家庭の中に囚われていたケイトが、家を出て、さまざまな出会いの末、見出したものとは...。ノーベル文学賞受賞作家の本。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information