貧者を愛する者: 古代末期におけるキリスト教的慈善の誕生

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2012 - 316 pages
今日もキリスト教社会で高く評価される美徳の一つ「貧者への愛」。それは紀元4‐5世紀に誕生し、キリスト教会を中心とする新しい社会システムを創成する新機軸となった。ローマ帝国のキリスト教受容という出来事を、古代末期研究の泰斗、ピーター・ブラウンが独自の視点で読み解く。メナヘム・スターン記念エルサレム歴史講演の記録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information