流浪の月

Front Cover
東京創元社, Aug 30, 2019 - Fiction - 313 pages

【2020年本屋大賞受賞作】

せっかくの善意を、わたしは捨てていく。

そんなものでは、わたしはかけらも救われない。


愛ではない。けれどそばにいたい。

実力派作家が放つ、息をのむ傑作。


あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2019)

滋賀県生まれ。《小説花丸》2006年冬の号に中編「恋するエゴイスト」が掲載される。翌年、長編『花嫁はマリッジブルー』で本格的にデビュー。以降、各社でBL作品を精力的に刊行し、デビュー10周年を迎えた17年には非BL作品『神さまのビオトープ』を発表、作風を広げた。巧みな人物造形や展開の妙、そして心の動きを描く丁寧な筆致が印象的な実力派である。おもな著作に『未完成』『真夜中クロニクル』『365+1』『美しい彼』『ここで待ってる』『愛しのニコール』『薔薇色じゃない』『セキュリティ・ブランケット』などがある。

Bibliographic information