ホッテントット・ヴィーナス: ある物語

Front Cover
法政大学出版局, 2012 - 484 pages
その名はサラ・バールトマン。19世紀初頭、南アフリカからロンドン、パリに連れてこられ、「ホッテントット・ヴィーナス」の名で見世物となった彼女。死後、解剖されたその身体模型は、パリの人類博物館に展示され、一般公開されつづけた。21世紀に向かう南アフリカで、突如巻き起こった身体返還運動。サラの悲痛な「声」が今に甦る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information