〈癒す知〉の系譜: 科学と宗教のはざま

Front Cover
吉川弘文館, 2003 - Reference - 293 pages
医療や諸科学の“近代的な知”に不満や限界を感じた人々は、それに代わる“癒す知”=自然食や心理療法を求めた。玄米食を尊ぶ正食運動や、身心の自然機能により神経症を治療する森田療法は、宗教や霊性と科学の知をどのように融合させようとしたのだろうか。痛みや苦しみから解放された「生きがいある生」を探ろうとした、もう一つの精神史。

From inside the book

Common terms and phrases

Bibliographic information