鏡花百物語集: 文豪怪談傑作選・特別篇

Front Cover
筑摩書房, 2009 - Ghost stories, Japanese - 378 pages
大正年間、名だたる文人墨客名優たちを集めて幾度も催された百物語怪談会。座の中心には「お化けの隊長」泉鏡花がおり、喜多村緑郎、平山蘆江がいた。ときに柳田國男や芥川龍之介らも加わる座談の模様は、盛夏の風物詩として新聞雑誌で詳報された。史上初復刻となる記事多数と、そこから生まれた小説・随筆作品を併せ収め、怪談黄金時代の活況を文士の肉声でふりかえる怪奇座談アンソロジー。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information