最新判例にみるインターネット上の名誉毀損の理論と実務

Front Cover
勁草書房, Feb 20, 2016 - Computer crimes - 463 pages
2008年以降の膨大な裁判例を収集・分類・分析したうえで、サービス毎の特徴、法律上の要件、紛争類型毎の相違等をふまえた実務上の判断基準を、想定事例に落とし込んで、わかりやすく解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information