彫刻の解剖学: ドナテッロからカノーヴァへ

Front Cover
ドナテッロからミケランジェロへ、初期ルネサンスから盛期ルネサンスへ、『ラオコオン』の発見を契機に1510年代ローマに生起したヘレニズム的転換を視座に、ジャンボローニャからベルニーニ、そしてカノーヴァへ、マニエリスムからバロック、そして新古典主義へ、これらの芸術家が創造した圧倒的な彫刻作品を解剖し、それらの創造の秘跡を探検する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information