大正幻影

Front Cover
筑摩書房, 1997 - Japanese literature - 334 pages
佐藤春夫、永井荷風、谷崎潤一郎、芥川龍之介...隅田川を原風景とし、その水辺を描き続けた作家たち。彼らはなぜそれほどまでに隅田川の風景を必要としたのか。大正文学に共通する幻想性をたどり発見する「幻影の町」。平成三年度サントリー学芸賞受賞。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information