海の道

Front Cover
みすず書房, 2000 - Asia - 364 pages
東南アジア多島海で重要な交易路として機能してきた“マカッサル海道”の歴史にアプローチする長篇『海道の社会史』に、著者積年のテーマである“海民論”全500枚を初集成する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information