岩波講座東アジア近現代通史 5 新秩序の模索: 1930年代

Front Cover
和田春樹, 後藤乾一, 木畑洋一
岩波書店, 2011 - East Asia - 391 pages
世界恐慌の打撃を受け「危機の時代」を迎えたアジアでは、新たな地域秩序と国際体系が模索されはじめる。しかし、農民の反乱や植民地での蜂起などさまざまな抵抗運動や、国際紛争・内戦が各地で見られた。各国は経済的連関を深めていたが、不況からの立ち直りは難しく、安定した協調体制を築くことはできなかった。危機の打開策はいずれのレヴェルでも混迷をもたらし、総力戦体制に向けて社会は変容を迫られた。総動員体制では、女性も徴用や動員の対象としてとりこまれる一方、社会保障制度の構築が進められる側面もあった。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information