新聞統合: 戦時期におけるメディアと国家

Front Cover
勁草書房, 2011 - Freedom of the press - 409 pages
戦時下の言論統制において「新聞は筆を折られた」のか?否。一県一紙の新聞統合で、新聞社自身が積極的に関与した経緯を丁寧に追う。戦時下日本で大小の新聞社が整理統合・再編された。国家による苛烈な言論統制の象徴といわれる新聞統合。だが、新聞社自身も能動的参加者であり、国家と連繋した戦時言論体制完成のプレイヤーだった。そこには従来の「被害者としてのメディア」の姿はない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information