「在日」を考える

Front Cover
平凡社, 2001 - Japan - 357 pages
「在日」を考えることは、戦後の日本社会に内在化された日本と朝鮮、さらにアジアとの関係を考えることであり、同時に、21世紀におけるナショナル・アイデンティティを問いかけることでもある。新たな朝鮮半島・東アジア情勢と可能性としての「在日」を考える。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information