日本の翻訳論: アンソロジーと解題

Front Cover
柳父章, 水野的, 長沼美香子
法政大学出版局, 2010 - Translating and interpreting - 344 pages
近代日本の翻訳論の歴史を、明治・大正期から昭和期にかけての代表的テクスト31編と、現代の翻訳研究者によるそれらの解題を通じて総合的に批評する、画期的で初の試み。翻訳研究の邦語必読文献。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information