ほら、死びとが、死びとが踊る: ヌンガルの少年ボビーの物語

Front Cover
現代企画室, 2017 - 447 pages
19世紀前半の植民初期、「友好的なフロンティア」と呼ばれたオーストラリア西南部の海辺で、先住民と入植者が育んだ幸福な友情とやがて訪れた悲しい対立の物語。アボリジニにルーツを持つ作家が、オーストラリア現代文学に切り拓いた新たな地平。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information