絵画の東方: オリエンタリズムからジャポニスムへ

Front Cover
名古屋大学出版会, 1999 - Art, Modern - 479 pages
表象の暴力と西欧近代美術の臨界。西欧の内部と外部の狭間に降り立ち、近代美術の営みをその文法が破綻を余儀なくされる限界点から再考する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information