外套・鼻

Front Cover
岩波書店, 2006 - Japanese fiction - 110 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
ある日、鼻が顔から抜け出してひとり歩きを始めた...写実主義的筆致で描かれる奇妙きてれつなナンセンス譚『鼻』。運命と人に辱められる一人の貧しき下級官吏への限りなき憐憫の情に満ちた『外套』。ゴーゴリ(1809‐1852)の名翻訳者として知られる平井肇(1896‐1946)の訳文は、ゴーゴリの魅力を伝えてやまない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information