法隆寺を歩く

Front Cover
岩波書店, Dec 18, 2009 - Buddhist architecture - 214 pages
訪れるたびに惹かれゆく古刹、法隆寺。現存する世界最古の木造建築を擁するというのみならず、そのゆかしい建造物や彫刻・絵画は、今なお見る人びとの胸に敬虔な想いを呼び起こす。法隆寺を、そして世界中の古代美術の遺跡を長年にわたり訪れてきた著者の案内のもと、閉ざされた聖域、隠された史実をもたどりながら、境内をめぐり歩く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information