奈良登大路町・妙高の秋

Front Cover
講談社, 2004 - 235 pages
奈良へと出郷していく少年期の回想とともに、家族、故郷への想いを謳った読売文学賞受賞作「妙高の秋」、奈良の美術出版社・飛鳥園を舞台に、美しき出会いと別れを綴る「奈良登大路町」、戦時下、師・志賀直哉、滝井孝作との愛情溢れる交流を描いた「焦土」など、寡作で知られる作家の珠玉の八作品を収録。端正な文体で創り出される純度の高い抒情的世界の魅力を凝縮した名作集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information