マキアヴェリ、イタリアを憂う

Front Cover
講談社, Sep 10, 2003 - 234 pages
分裂状態のイタリア半島の政治力学を見抜く鋭い洞察力。チェーザレ・ボルジア、ルイ十二世、ダ・ヴィンチなど同時代人との交流の中で磨かれたマキアヴェリの人間と社会に関する冷厳かつ普遍的な哲学。

Bibliographic information