西洋音楽史: 「クラシック」の黄昏

Front Cover
中央公論新社, 2005 - Music - 243 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
一八世紀後半から二〇世紀前半にいたる西洋音楽史は、芸術音楽と娯楽音楽の分裂のプロセスであった。この時期の音楽が一般に「クラシック音楽」と呼ばれている。本書は、「クラシック音楽」の歴史と、その前史である中世、ルネサンス、バロックで何が用意されたのか、そして、「クラシック後」には何がどう変質したのかを大胆に位置づける試みである。音楽史という大河を一望のもとに眺めわたす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information