入門医療経済学: 「いのち」と効率の両立を求めて

Front Cover
中央公論新社, 2006 - 250 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
よい病院とわるい病院を見分けるにはどうすればよいだろう。レストランや車なら、高い値段のものが質もよいと考えればほぼ間違いはない。しかし医療では名医でも新米の医者でも値段は一緒であり、経済法則は働いていないように思える。では、なぜ医療の値段は同じなのか。本書は、医療が持つこのような特徴を、「情報の非対称性」「市場の失敗」等の視点から経済学的に分析し、今後の医療制度改革の方向性を提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information