ザ・ディベート: 自己責任時代の思考・表現技術

Front Cover
筑摩書房, 2001 - Debates and debating - 220 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
ディベートと言えば、「ああ言えばこう言う」という詭弁術とか、言葉で相手をとっちめる技術と思いがち。和を乱す「非日本的」なものとして排除されてきたのも事実だ。だが「朝まで生テレビ」はディベートではない。実は誰でも既に、会議や交渉というビジネスの場で、「テーマを設定し、データを集め、問題枠を作り、複数の議論パターンを考え、自説を主張し、相手に反駁する」という経験をしている。これをより方法的に相互の信頼のなかで実現していく技術こそがディベートなのだ。よいコミュニケーターはよいディベーター。自分の頭で考え、自分の言葉で述べ、相手の言葉を聞くための方法。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information