探偵小説と二〇世紀精紳: ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか?

Front Cover
東京創元社, Nov 25, 2005 - Detective and mystery stories, Japanese - 267 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
ダイイングメッセージ、クローズドサークル、犯人特定の論理、読者への挑戦―。第1部では探偵小説を語る上で不可避の論点に、エラリー・クイーン初期の傑作『ギリシア棺の謎』『シャム双子の謎』などを引きながら挑む。第2部では“第三の波”とポストモダニズムの照合によって浮かび上がる、探偵小説の歴史的位相を鮮やかに解明する。法月綸太郎氏との対談も収録。話題を呼んだ『ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか?』に続く鮮烈な評論集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information