異性文学論: 愛があるのに

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2004 - Japanese literature - 289 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
日本の文学シーンはいま女性作家の活躍なくして成立しない。男性作家たちはテーマを見失った。人生のマグマは、私はなぜか女性であるらしいというザラついた異物感の内に溢れ出てくる。誰にとって異性なのか、私は。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information