マルクス主義と言語哲学☆〔改訳版〕☆: 言語学における社会学的方法の基本的問題

Front Cover
未来社, 1989 - Dialectical materialism - 290 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
現代思想の源流のひとつとして現在も大きな影響を与えつづけている巨人バフチンの初期の代表作であるとともに言語哲学の基本文献。
目次
序論
第一部言語哲学の問題がマルクス主義にもつ意義
第一章イデオロギー学と言語哲学
第二章土台と上部構造の関係の問題
第三章言語哲学と客観的心理学
第二部マルクス主義的言語哲学の道
第一章言語哲学におけるふたつの思潮
第二章言語ことば発話
第三章言語的相互作用
第四章言語におけるテーマと意味
第三部構文から見た発話の形態の歴史(シンタクッスの問題にたいする社会学的方法の適用)
第一章発話の理論とシンタックスの問題
第二章 〈他者のことば〉の問題
第三章間接話法と直接話法、およびそれらの変形
第四章フランス語・ドイツ語・ロシア語における疑似直接話法
原注
訳者あとがき

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information