チュウゴクシノナカノショミンゾク

Front Cover
山川出版社, 2004 - China - 90 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
漢民族は世界最大の民族であり、その人口は十一億人を超えている。その淵源は、黄河の中下流域に生じた文明、いわゆる黄河文明を築いた人びとが、自らを華夏、華人などと称した頃にまでさかのぼる。当初、わずかな限られた領域に居住した人びとが、何故に今日みるような巨大な民族にまで拡大しえたのであろうか。二十一世紀は民族の時代ともいわれる。本書ではそうした問題意識を持ちつつ、漢民族形成のもつ歴史的意味について考えてみたい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information