受苦者のまなざし: 初期マルクス再興

Front Cover
青土社, 2004 - 576 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「希望の原理」としてのマルクス思想はここに甦る―。ポストモダン以後のマルクス思想を求め、その原点としての『経済学・哲学草稿』を精緻に読み解く。「初期マルクス」に見出される「受苦者のまなざし」を中心に据え、近代主義からの脱却を目指し、世界像の転換を図る画期的視座。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information