民族とナショナリズム

Front Cover
岩波書店, 2000 - Industrialization - 254 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「近代世界の形成と再形成とに果たした力は明白でありながら、それに取りつかれていない人間には依然として他人事で理解不可能なままにとどまっているナショナリズム」、その本質は何か、この難問に、英国哲学界の巨人ゲルナーが、政治社会学、社会人類学などの該博な知識を駆使して解明を試みる。1983年の刊行以来、「第一級のナショナリズム研究書」と高く評価され、大きな影響を与えてきた現代の名著、待望の完訳なる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information