植物はなぜ5000年も生きるのか: 寿命からみた動物と植物のちがい

Front Cover
講談社, 2002 - 229 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
200歳の人間はいないのに、200歳の屋久杉はまだまだ子供。どちらも細胞からできているのに、動物と植物のこのちがいは、なぜなのだろうか。なぜ生物には寿命があるのだろうか。生物の「生」の不思議を解き明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information