盲導犬チャンピイ: 日本で最初にヒトの眼になった犬

Front Cover
新潮社, Aug 1, 2003 - 193 pages
シェパード犬がまだ珍しかった昭和32年、日本初の盲導犬チャンピイは「誕生」した。犬の訓練士・塩屋賢一が、タオルで目隠ししながら指導するという、体を張っての挑戦だった。チャンピイも、難しい訓練を見事クリアし、飼い主である盲学校教師・河相洌の眼になった。ヒトと犬とが成しとげた快挙と、塩屋賢一の(財)アイメイト協会設立までの苦心を描く。愛と苦難の盲導犬育成物語。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information