風は山河より

Front Cover
新潮社, 2006 - 348 pages
戦国前夜の奥三河。野田城主・菅沼新八郎定則は、瞬く間に西三河を統一した松平清康の驍名を聞き、卓越した判断力で帰属する今川家を離れる決意をする。鬼神の如き戦術の妙、仏のような情義の心。家康が目指したのは、祖父の清康だった―。中国歴史小説の巨匠が初めて挑む戦国日本、躍動の第一巻。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information