ウィーン愛憎:

Front Cover
中央公論新社, 2004 - Philosophers - 225 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
十年ぶりに訪れた、思い出深いウィーン。家族とのもつれた関係を修復するため、ウィーンへの「半移住」計画を曲がりなりにも実現させた著者が実感したのは、頑固で排他的な「古きよきウィーン」の消滅だった。町がきれいになり、上品な老婦人はいなくなり、蔑視の対象でしかなかった日本的趣味が流行し、はるかに騒音が増えた...。ヨーロッパ精神との格闘、家族との確執に彩られた、「ウィーン愛憎」ふたたび。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information