人間の本性を考える: 心は「空白の石版」か, Volume 1

Front Cover
日本放送出版協会, 2004 - Nature and nurture - 304 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
人の心は「空白の石版」であり、すべては環境によって書き込まれる。これは、二〇世紀の人文・社会系科学の公式理論であり、反対意見は差別や不平等につながるとして、今なおタブー視される。世界的な認知科学者が、人の心や行動の基礎には生得的なものがあることを最新科学で明かし、人間の本性をめぐる科学が、道徳的・感情的・政治的にいかにゆがめられているかを探究する。米国で大反響のベストセラー、待望の翻訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information