身近な放射線の知識

Front Cover
丸善, Mar 30, 2006 - 157 pages
「放射線」「放射能」という言葉から、何が連想されるだろうか。私たちは放射線や放射能とともに生きている。胸部X線撮影や胃のバリウム検査、がんの放射線治療や重粒子線治療等、医療での放射線利用はよく知られている。宇宙や大地、さらに身体の中にある放射性同位元素による放射線からは逃れようもない。一方、多量の放射線は身体に害を及ぼす。より快適で健康な生活のために、正しい知識を身につけ、リスクと便益のバランスを判断できるよう、本書では、放射線の受け方、受ける量等による影響を、身のまわりの具体的な話題の中からまとめた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information